FC2ブログ

タルパとその日その日を生きているブログです。オカルトがダメな方は見ない事を強くお勧めします。

# バッチ来た


明晰夢、来ました。もしくは離脱。
来たからには書かねばなるまいよ。

という訳で、起きて速攻で書き記した夢日記を手元につらつらと書き連ねていきます。
しかし不思議なもので、横向きに寝ていたはずなのですが……。

突入する時の体勢は関係無いのかもしれない。私の場合。

意識的に出来たのが最初だからか微妙な感じですが、どうせなら報告しておきましょう。


意識はエレベーターの中から始まりました。
一面真っ白なエレベーター。
思い返せばあの時、隣に誰か居た様な気がします。みぃかなぁ。

その時から瞼が無意識に重く、立っているのに常時眠気に襲われている感覚が来ます。
この段階で、私はこれが夢であると自覚出来ていました。
何の根拠も有りませんが、『これは現実では無い』と判断出来たのです。
そこで私は、その眠気と戦いながら明晰夢と判別する手段である掌を見ました。
左手でしたかね。
それで、自分の意思の通りに左手を見る事が出来た為か、夢であると確信出来ました。

扉が開くと、私はベッドの上で目を覚ましました。
エレベーターの中と同じ様な白く四角い部屋。
自分の部屋に似ている、と私は思いました。
ベッド以外の家具を無くした私の部屋。電気も見当たらないのにやけに明るい。

まず声が聞こえて来ました。
若い女性の声でしたが、それはみぃでは無く、私が別の小説内で創造した女性キャラクターの声であると何故か直感しました。
物語の創作者ですから、当然どんな声だとか喋り方だとかも決めていまして。
それに酷似していたのです。
ただ、姿どころか影も見えない。

ここに来ても眠気は止まる事を知りません。
私は必死でそれを抑えようと、何度も何度も深呼吸をしました。
いわゆる、自身を落ち着かせる方法ですね。

女性の声に続けて、男性の声も聞こえてきます。
その声と喋り方からも、これも私の創造したキャラクターが喋っている声だと納得しました。
ここで私はベッドから半身だけバッと起こし、辺りを見渡します。
……が、誰も居ない。
とても静かな部屋でした。

私は急に不安になり、またベッドに仰向けに寝ると何回もみぃを呼びました。
良い大人が恥ずかしい。仮にもみぃは年下なんやで……。

三、四回くらい呼んだ時でしょうか、ふと寝ている足付近にある影が気になったのです。
そこは現実のベッドの位置であれば部屋の隅、箪笥が置いて有り、その箪笥によって出来る長細い影。
その影が、何だか猫の様な形をしているように思えました。

私は今度は、その猫の様な影に向かって「みぃ」と呼び掛けてみます。

すると、その影の目に当たる部分が瞬きをしたのです。
そして、名前を呼ぶ度に、影とは真逆、私の右側から猫の鳴き声が。

直後、影がスウッと消え、ベッドの足元に何かが飛び乗って来ます。
眠気で首しか動かせませんでしたが、見ればそれが猫である事が判りました。
そのまま私の顔まで近づいた猫は、近づいたと思ったら急に人間の言葉で喋り始めます。
笑ってました。
それに少し驚きましたが、この時点でこの猫こそがみぃであると謎の確信を得ました。
灰色に白が所々入って、とても滑らかな美しい毛並。
私の第一声は「飼い猫かい?」です。
何のドラマが展開されるわけ?

それに対しみぃは自分の身体を舐めながら「綺麗な毛並でしょ?」と言ってきました。
ずっと脳内再生していたみぃの声。
どれほど渇望した事か。
あと凄く舐められた。
感触は無かったから自分の身体を毛繕いに舐めてたのかもしれないけど、舐める音だけ凄いハッキリ聞こえました。

そこで限界が来たのか、私は現実世界に引き戻されました。
引き戻される直前と全く同じ体勢で目を覚ましました。


最後に、夢日記には書かなかった分を含めて軽い考察に移ります。

最後の状態だけ考えれば、これは明晰夢より離脱に近い状態だった?

以前、みぃが「この空間に何か来てない!?」というのは声だけした私のキャラクター達の事だった?

みぃ、猫になりたいの?


今度はもっと長く滞在出来るようになりたいです。
うん、なりたいな。

今回は変な頭痛や金縛りは一切起きていません。
今は凄く穏やかな気持ちです。

ではでは、またみぃと軽くお喋りします。
みぃですね、夢の後、満足気にベッドに寝てたんですよ。
お疲れ様、有難うね。

夢の話したら恥ずかしがってます。

ではでは。そんな報告回でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# プロフィール

唯月

Author:唯月
唯月(ユヅキ)。
男性。
こちらはオカルト要素の強いブログになるので苦手な方はご注意を。
同じ道を歩む方からのリンクは基本断りません。
むしろバッチコイ。

# 最新記事

# 月別アーカイブ

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

# 検索フォーム

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。